石鹸洗濯を洗濯下手なズボラ主婦が始めたらこうなった

石鹸洗濯を洗濯下手なズボラ主婦が始めたらこうなった

洗濯下手の主婦がアトピーの夫と息子の為に石鹸洗濯を始めた奮闘記です。

【検証実験】ウタマロ石鹸とミヨシマルセル石鹸の襟汚れ洗い比較

洗濯固形石鹸で人気のウタマロ石鹸とミヨシマルセル石鹸の2つを

比較する検証実験をしてみました。

 

クリーニングに出したのに、襟汚れが落ちていなかったワイシャツ

f:id:funtoumama:20170621014643j:plain

今回は、こちらで試します。

 

洗う手順は以下の通りです。

1.40℃のお湯で洗う部分の襟汚れを湿らす

2.左右それぞれに石鹸を同じ回数こすり付ける(それぞれ10往復)

3.洗濯板で汚れ部分を同じだけこする(それぞれ20往復)

4.40℃のお湯で同じだけ流す

 

その後がこち

f:id:funtoumama:20170621020716j:plain

 

洗濯前

f:id:funtoumama:20170621014920j:plainf:id:funtoumama:20170621014938j:plain

 

洗濯後

f:id:funtoumama:20170621015114j:plainf:id:funtoumama:20170621015129j:plain

 

上が洗濯前 下が洗濯後

f:id:funtoumama:20170621022022j:plainf:id:funtoumama:20170621022110j:plain

どうでしょうか?

 

見たところ、どちらも汚れが目立たなくなったのですが

ウタマロ石鹸の方が汚れ目立ちが少ないように感じます。

 

使い比べて感じたことは

ウタマロ石鹸の方が、石鹸が柔らかく擦り付けやすく

ミヨシマルセル石鹸は、ウタマロ石鹸と比べたら固く感じました。

 

石鹸は成分によって、溶けやすさが異なるので

その違いでウタマロ石鹸の方が柔らかいため

しっかり石鹸成分が付いたのかもしれません。

 

実は、この実験をする前にそれぞれのメーカーさんに

「一番最適な温度は何度くらいですか?」

という質問をしました。

結果、両者とも「だいたい40℃くらい」という返答を頂いたので

今回は40℃で試してみました。

その際に、ミヨシ石鹸さんからは

「擦り付ける力加減でも変わります」ともお話頂きました。

 

その商品の推奨条件下が一番効果を発揮すると思いますが

今回は、まったく同じ条件で試したかったので

擦り付ける力加減も水温も、同じ条件で行ってみました。

 

どちらを使うか迷っている方は、こちらもご参考まで

洗濯用固形石鹸を使わなくてももっと簡単に汚れが落ちました